四日市の墓 / Cemetery in Yokkaichi

Works

古くから続く先祖累代の墓が満席になり、新たに分家の墓を設ける計画。
昨今、墓石の主流は、中国産御影石磨き仕上となりつつありますが、その質と価格に開きを感じることも少なくありません。

今回の計画では、香川県産の庵治細目石(白口)の性質が最も生きる小叩き仕上げという手法を用い、陽が射すと表面のざらつきからわずかに光った粒子が輝く表現を採用しました。

ざらつきのあるテクスチャにすることで、経年変化をより楽しめ、最終的に風化し、土に還ることを意図しています。
周囲に敢えて砂利を敷き詰めていないのも、土に還ることを意図したためです。

プロポーションは、昔から引き継がれている割付を基準にスタディーして決めていきました。
必要以上に大きくなく、かといって小さすぎない絶妙な大きさを考えました。

材料:庵治細目石(白口)小叩き仕上

Data
Completion : Dec. 2017
Location : Yokkaichi, Mie, Japan